Clip to Evernote RSS Feed

Club Musicを聞くキッカケになるかもしれない6曲

by youith on 2011年10月31日

 

 

 
Club Musicにハマる楽曲はどんな楽曲でしょうか?僕の周りの人が「ここから入った!」と挙げていた楽曲を集めてみました。タイトルはキッカケになった人がいた、というところからですねw

集めてみると非常に面白いなぁと感じました。定番曲も多いので、ぜひ聴いてみて下さい!

 
BT – Flaming June

クラシックをはじめ、様々な音楽ジャンルで天才的な才能を見せたブライアン・トランソーの代表曲。叙情的でありながらメロディアスな旋律は多くの人に感情的な影響を与えました。この楽曲がもとになって出来たゲームが日本で大ブレイクしたのは豆知識。

 
Sunlounger – White Sand

DJ Shahによるイビザテイスト溢れる楽曲。アコギの早いパッセージがエキサイティングですが、トライバルなリズムとグルーブがとても魅力的です。僕も今でもよく聴きます。当時、Arminがよく繋いでたZocaloへの流れがとても好きでした。

 
Kaskade – Its You Its Me

House Musicの代表的アーティスト、Kaskadeによる楽曲。印象的なリフがループしていき、ドラマチックな展開を見せるこの楽曲は今ではカフェとかで聴けることが多いですね。Kaskadaも最近ではトランス寄りになってしまいましたが、個人的にはまたこの頃のような楽曲を聴きたいなぁとも思います。

 
Above & Beyond – Good For Me (Club Mix)

今でも正統派のTranceをリリースし続けるAbove & Beyondの代表曲の一つ。壮大な展開、裏打ちのハット、16分のベースはトランスの王道を突き進んでますね。Original Mixではアンビエントなオケを聴かせてくれます。癒し。

こちらの楽曲が好きな方には(古くなりますが)Above & Beyond – Far from in love (Original Mix) もお勧めします。

 
stars-FreeTEMPO

ピアノがとても綺麗な楽曲。日本人らしい楽曲。POPSに近いながらも、Club Musicのエッセンスが詰め込まれてます。日本語歌詞ですし、POPS好きな人からすると入りやすいのではないでしょうか。

 
System F – TOGETHER

日本で”トランス“をイメージ付けるジャンルが出来た楽曲。今、主流のトランス好きな人が苦手意識持つ楽曲でもあります笑 僕は好きですよw(かなり聴かなくなってしまいましたが)



Yusuke Yamanaka (a.k.a youith)

somode代表。クリエイターとして2006年からトランス主要レーベルの一つ、Banshee Worxsから楽曲をリリース。2011年12月からは代官山AIRで80KIDZと共演したイベントをキッカケにDJ活動を開始。犬猫を何とかせねばーというソーシャルDJとして活動している。

twitter
@youith

facebook
Yusuke Yamanaka

blog
youith's blog