Clip to Evernote RSS Feed

感性を刺激するBTの楽曲5選

by 一梨乃みなぎ on 2011年11月10日

 

 
はじめまして!
突然ですが、somodeで記事を書くことになった一梨乃みなぎです。
今回は少し昔話、90年代後半のBT(Brian Transeau氏)について少し書いてみることにします。

BTと言えば代表曲でFlamming Juneを挙げる人も多いでしょう。
しかし、少し前にYouithさんが紹介していたのもあって、敢えてFlamming Juneを外して、90年代後半のBTの楽曲を個人的にチョイスしてみます。

BT / Godspeed (BT 12inch Mix)

BT Feat.Jan Johnston / Dreaming (Original Mix)

BT Featuring Tori Amos / Blue Skies (BT’s Liquid Oxygen Dub)

BT Featuring Jan Johnston / Remember

Grace / Not Over Yet (BT’s Spirit of Grace)

 
BTの楽曲は音の選び方や並べ方がスゴイ……!
さすが”Synth Wizard”(シンセサイザーの魔術師)の名前はダテではない!
氏の楽曲を聞いてると、創作することの素晴らしさに改めて気付きます。
このへんの楽曲を聞いて、作品への想像力を刺激されたら……多分ボクと仲良くなれそう!(笑

特に思い入れ深いのがNot Over YetのRemix……リリースがなんと1995!
まだ「エピックトランス」と言う言葉すら産声を上げるかどうかの時代です、この音の先進性には驚きです。 

しかし他、BTと並んで語られることの多いユニット……と言えばChicaneですが、この時代の楽曲で言えば、自分はどちらかと言えばBTよりもChicane派、でした。

このChicaneの話題については又の機会に。



一梨乃みなぎ

萌え系イラストレーター兼、ゆるレコードコレクター。
アニソンや電波ソングを横目にディープなクラブミュージック大好き。
主に90年代序盤あたりから4つ打ち系の踊れそうな音楽を追いかけるうちに部屋がCDとレコードまみれに。

好きなアーティストはSolarstone
同人サークル「ビテイコツハンター」所属
http://cocoon.selfish.be

@Minagi_Ichirino