Clip to Evernote RSS Feed

BTが生み出した混乱”私の名前を呼んで!!”

by 一梨乃みなぎ on 2011年11月21日

 またまた登場です、一梨乃みなぎです。
 最初の記事でBTの楽曲を何曲か挙げましたが、更にもう1曲忘れてはならない楽曲がございました。

Anomaly


Libra pres. Taylor / Anomaly [Calling Your Name]

 一見ピンと来ない名前ですが、この”Libra”とはBTの別名義です。
 95年にPlatipusからリリースされたこの楽曲、実に数奇な運命を辿り長きに渡ってクラブシーンに姿を見せることになります。

 この名義、Libraとはてんびん座の意味、イタリアの通貨「リラ」の語源であり、重さを表すポンド表記の「L/B」もLibraから来ています。

 そんなLibra名義と言えば、他に前回挙げたDreamingに「Libra Mix」というBTによるセルフミックスがあったり、BT名義に比べ、よりクラブユース向けのアレンジや楽曲に用いられてる名義という感じもします。

 とは言え、実際あまりLibra名義は使われてないので評価しにくい部分ではありますが、Dreamingはオリジナルよりも、Libra Mixの方がクラブでは良く用いられていたようです。
 
 ヒットしたこの曲は再び99年に新たなリミキサーを迎え、再びPlatipusからリリースされました。

Anomaly [Calling Your Name] (Ferry Corsten “Albion” Remix)


Libra pres.Taylor / Anomaly [Calling Your Name] (Ferry Corsten “Albion” Remix)

 おそらくトランスフリークには最も有名バージョンがこのFerry CorstenによるRemixでしょう。
 初期リリースでは「Albion Mix」と表記されてましたが、彼のAlbion名義は知名度がいまいちだったからか、続発盤では「Ferry Corsten Remix」に書き換えられました。

 Albion名義というのが聴いてわかるように、同じくPlatipusからリリースされた“Albion / Air”の音使いの流れを組んだアレンジです。
 しかし、この時のリリースがのちのち面倒な事になっていきます。

 大ヒットしたのはいいのですがPlatipusのレーベルデザインの関係か、名義や曲のタイトルがとにかくわかりづらかったんですね(汗)

 
 ”Anomary”とは曲のタイトルで”Calling Your Name”というのはサブタイトルなのですが、それに◯◯Remixっていうのもついて、名義もLibraとTaylorが並んで、Libraって誰? 歌ってるのがTaylorさん? 曲名ってCalling Your Nameじゃないの? 間にあるAnomaryって何? ――とまぁ、どれがどの名前なのかとにかくわかりにくくややこしい!

 しかもAlbionだったりFerryCorstenだったりの表記揺れもあり(ちなみにB面収録のQuivver RemixもJohn Graham RemixだったりとB面も表記揺れしていた)で「この曲はなんて言うの??」と言う状態でした。
 
 実際今、YouTubeなのでこの曲を検索すると、アーティスト名が「Anomary」だったり、曲名が「Calling Your Name」だけだったりと、混乱が見て取れると思います。
 曲のタイトルもまさしくの「名前をきちんと呼んで!」って言いたくなるのもわかります(笑)

 そしてさらには2003年にもこの曲はリメイクされ、3度目のリリースを迎えるのですが、ここでも更に混乱を招くことになります。

Calling Your Name (The Thrillseekers Remix)


Jan Johnston / Calling Your Name (The Thrillseekers Remix)

 やはりPlatipusからリリースされるのですが、99年のリリースでの名義や表記揺れの混乱から反省したのでしょうか。

 な、なんとタイトルも名義も全部変わってしまいました……!(汗
 もはやBTの面影もありません(実際レコードのクレジットには Brian Transeauの名前が消えてます……)が、メロディラインは「Anomaly」そのもので、以前はコーラスのボーカリストだったJan Johnstonが歌詞を更に追加してそのまま名義になってしまいました。
 
 このThrillseekersによるアレンジは、02年の暮れからヒットし、ちょうどボク自身がWEBラジオ「A State of Trance」を聴き始めた頃だったので、この曲がよくかかってたのを思い出します。

 とうとうリリース名義になってしまったボーカリストJan Johnstonですが、彼女の歌声とBTのサウンドとの相性は最高で、先に紹介したDreamingでも彼女が歌っています。
 曲名もわかりやすくなったし、ある種この03年のリリースで究極の形に落ち着いたのかな? とも思えてしまうのは果たして……?



一梨乃みなぎ

萌え系イラストレーター兼、ゆるレコードコレクター。
アニソンや電波ソングを横目にディープなクラブミュージック大好き。
主に90年代序盤あたりから4つ打ち系の踊れそうな音楽を追いかけるうちに部屋がCDとレコードまみれに。

好きなアーティストはSolarstone
同人サークル「ビテイコツハンター」所属
http://cocoon.selfish.be

@Minagi_Ichirino