~ インターネットでフィリピンのスラム街に職を作る ~ NPO法人「Class For Everyone」

Written by somode 5月 29th, 2012

Close

~ インターネットでフィリピンのスラム街に職を作る ~

NPO法人「Class For Everyone」

 

 

 

発展途上国では、貧困による教育格差が非常に大きな

問題となっています。

 

発展途上国の教育を受けられない子どもたちには、読み書きや計算ができない→安定した職業に就けない→収入が少ない→教育を受けられない・・・という悪循環が生じています。

 

NPO法人 Class For Everyone さん(以降、C4Eと記載)は、その途上国の教育格差の是正に取り組まれています。

 

C4Eさんは途上国の中でも活動拠点をフィリピンにしています。それは、C4Eの高濱代表が大学時代に経験したフィリピンでの植林活動がきっかけとなっています。

そこで先進国と途上国との違いを実際に肌で感じ、「自分が恵まれた環境にいるのなら、その強みを生かして恵まれない環境を改善するために行動をするべきだ」と考えるようになったそうです。

 

今回の取材は、先日CollaVolにてC4EさんがEarth Dayに出展する際の設営協力ボランティアを募集されており、それに私が参加した縁で取材をさせていただきました。

また、C4Eの高濱代表は現在フィリピンに滞在中のため小池副理事にお話を伺いました。

 

 

教育環境としてインターネットを提供

C4Eさんは教育環境を提供するために、フィリピンのスラム街にインターネット施設を創設しています。

その施設に設置してあるパソコンは、日本で使われなくなったパソコンです。

先進国で使用されなくなったパソコンを途上国で再利用することで廃棄コスト削減とエコの促進を実現しています。

そのパソコンからはオンライン教育が可能となっており、そのオンライン教育コンテンツは、現地の学校の先生と協力して作成、その他にも教育用のソフトウェアを提供することで教育を促進させています。

また、インターネット施設を拠点に、休日には子どもたちを招いて情報コミュニケーション技術教育(ICT教育)を行うプログラムの実施もしています。

 

将来的には、フィリピンだけでなく、他の途上国にも活動を展開していく構想があるようです。

これについては計画ベースですが、基本的には他のNPO団体や企業との提携により進出を考えているそうです。

 

 

現地に行かないと何が問題かわからない

取材の中で印象的な言葉がありました。

「実際に現地に行かないと、何が問題なのかはわからない」

そのため、高濱代表は活動拠点をフィリピンにし、『現地主義』にこだわっているとのことでした。

高濱代表は、現在(2012年5月~6月)もフィリピンに滞在して活動しており、現地の人々に一人一人ヒアリングを行い、現地のニーズを把握し、現地の特色を生かしながら、現地の人々と共に問題の改善を行なっています。

子どもの教育以外にも、「エクセルによる収支管理のスキル」、「雑貨屋で売るお菓子作りノウハウ」、「ハンドメイドの裁縫スキル」など、それぞれの家庭状況にあったスキルを身に付けてもらうための教育も行なっています。

このような地道な活動により、現地の人々は教育機会が得られ、情報格差の問題は少しずつ改善に向かっています。

 

 

高濱代表のフィリピンへの愛

現在までのC4Eさんの活動成果は、他でもなく高濱代表の並はずれた行動力、そしてコミュニケーション能力の上に成り立っています。

単身でフィリピンへ行き、現地の人々と交流を図り、そこで共に協力してくれる仲間を集め、その仲間とインターネット施設を創設している、常人には到底真似できないことだと思います。

何が高濱代表をそこまでさせるのか・・それは高濱代表のフィリピンに対する深い愛情だと感じました。

高濱代表は大学時代の植林活動で、フィリピンの人々の純粋な素直さ、屈託のない笑顔、温かい無償の愛に心から感動し、第2の故郷ともいうべき大好きなフィリピンに恩返しをしたいと強く思うようになり、その気持ちが現在の行動となって現れているようです。

 

確かに、フィリピンの人々の純真さはC4EさんのホームページやREADYFORのホームページの写真からとても伝わってきます。

どの方も本当にいい笑顔をしています。

私も実際にフィリピンへ行きたい、そして現地の人々と交流し、少しでも役にたちたいという気持ちになりました。

 

 

 

最後に

先述したとおり、途上国の問題とはどのようなものなのか、何が問題なのか、現地を知らない私たちにはわかりません。

C4Eのホームページや、READYFORのホームページには、現地で活動している高濱代表理事の活動報告や、現地で感じたこと、考えたこと、

新たに認識した問題、などが載っています。

それを見て、一緒に現地で起きている問題を知ってほしいと思います。

そして興味を持ち、賛同いただけたなら、不要になったパソコンの寄付や、活動資金の支援にご協力をお願い致します。

 

READYFOR

https://readyfor.jp/projects/philippines_2nd

 

 

NPO法人 Class For Everyone →  http://class4every1.jp/

writer : 大山敏秀(Gentle Mickey)

Posted in Gentle Mickey

コメントは受け付けていません。