FatheringJapanStudents    「イクメンパパって?父親になることを考えてみませんか」

Written by somode 7月 14th, 2012

Close

FatheringJapanStudents

「イクメンパパって?父親になることを考えてみませんか」


イケメンならぬ、‘イクメン’。家事、育児を行う男性を略した‘イクメン’という言葉も今日定着しつつあるのではないでしょうか。

そんなイクメンパパたちをサポートしているNPO法人

FatheringJapanの学生組織、FatheringJapanStudents(以下FJS)のご取材にお伺いしました。

 

 

高校生の私にとっては「結婚・子育て」を身近に感じることは少なく、また周りで見聴きすることもありません。
小さな子供と接する機会も限られているかと思います。
一緒に「親になること」を考えてみませんか。

 

 

「学生が父親になることを考える」

FJSは2009年、創設者が、大学1年生の時に子供が誕生したことに始まっています。学生と父親であることの葛藤の中で、NPO法人FatheringJapanと出会い、父親であること、育児や家事を楽しむことを学び、「学生が父親になることを考える」をテーマに団体が発足されました。
【写真2 巌谷さん】
現代表の巌谷(イワヤ)さんはFJS主催のイベント参加をきっかけに加入されています。

巌谷さん「親になることを考える、と言っても、大学生ならば就職の次に結婚があって、そして子育てがある。
子育てをイメージすることは難しいのかもしれません。
父親、というよりもまずは、「人生を楽しんでいる大人」と学生を繋げることができたら良いなと考えています。
仕事をバリバリできていても、家庭が楽しくなければいけないですし、ナナメの関係で学生と父親を繋げて行きたいです。」

 

FJSのプログラム

 

FJSの中心となるプログラムは、
Fathering Class
(FJ代表安藤哲也さんや、ゼクシィ編集長伊藤綾さん、社会学者宮台真司さんなど著名人にご登壇いただいている講演会。学生、社会人などのべ600人以上が参加。)

 

Fathering Dialogue
(講師と10人前後の学生が対話形式で「仕事だけではなく、家族の視点も入れて」自分の人生を考えるワークショップである。ワールドカフェ形式も含め、過去に3回ほど行なっている。)

 

Fathering Homestay
(学生がFJ会員の家庭(便宜上イクメン家庭)で子育て体験をする体験型プログラム。自分の家族以外の家族のあり方、自分が子育てされた時から20年後の「親」の姿、子育てスキルなどを学べる。受け入れ家庭は現在20家庭。)

 

以前、私もFatheringHomestayプログラムに参加させていただいたことがあります。
3歳のお子さんを持つ家庭にて、お子さんと一緒に買い物へ行ったり、お菓子づくりをしたり、コンサートへ出かけたり・・・と子育てを身近に感じながら、「私は将来どんな家庭を持つのかな」なんて考えていました。
パパさんが積極的に家事、育児に携わっていたことも印象深く覚えています。
実際に体験してみる、肌に触れてみる中で、子育てのイメージが具体化されました。
巌谷さん「いつか結婚をしたいと考えている人は多いかと思いますが、そのモデルとなるのは自身の両親である場合が多いため、
色々なご家庭に触れることはとても大切なのではないかと思います。私もFJSに参加してから父親像がより具体化されました。自分の将来の家族、子供だけではなくて、社会の子供たちにも目が届くようになりました。‘その子のために’というよりも、‘社会のために’子育てをしたいと思っています。」

 

 

【写真3 将来のパパだけでなく、将来のママも参加しています】
ネグレクト、片親家庭の貧困問題などの悲しいニュースも後を絶たない中で、学生という早い段階から子育てに触れることがよりよい家庭を育む何らかのヒントとなるのではないかと思います。

”事実は小説より奇なり”のように、家事、育児も実際に体験してみなければ分かりません。

FJSのご家庭を参考にさせていただいたり、イベントに参加し、パパさんママさんと交流することで「親になること」を楽しく学べたら素敵ですね。

 

 

FJSから読者の方々へメッセージが届いています!

 

こんにちは、学生団体FatheringJapanStudentsです!
7月に「~イクメンに聞く、仕事も家庭も楽しむ秘訣~」イベントを開催します!

一流のビジネスマンとして働きながら、家庭生活もめいっぱい楽しんでいるイクメンたちに人生をまるごと楽しむ秘訣を語っていただく今回のイベントは「働きたくないけど家族は持ちたい」「特にやりたい仕事はない」「生活の安定のために、やりたいことは我慢する」こんな風に考えている方、おすすめです。

仕事のみならず家庭も趣味も充実されている方のお話を聞く機会なんて、このイベントしかありません。
また第二部では学生とゲストの座談会も用意しているので、仕事や就活、恋愛や結婚、仕事と家庭の両立など、人生の先輩に聞いておきたいことを、なんでも話せます!真のイクメンが集うNPO、ファザーリングジャパンが誇る現役パパ達をゲストに迎えお待ちしておりますので、奮ってご参加ください!

 

7/15(日)18:30~より
国立オリンピック記念青少年総合センター

*[小田急線]参宮橋駅より徒歩5分/[千代田線]代々木公園駅より徒歩7分

【パネリスト】

荒木 正太氏(NTT株式会社)

鹿子木 亨紀氏(Russell Investments)

関谷 剛氏(旅行コンサルタント会社)

徳倉 康之氏(NPO法人ファザーリングジャパン)

蓑田 雅氏(サントリー株式会社)

※都合により変更がある場合がございます。変更の際には改めてご連絡させていただきます。
【参加費】 無料

【定員】※大学生・高校生・若手社会人の方なら、男女問わずどなたでも結構です。

【懇親会】希望者を対象に、21:20頃から居酒屋にて懇親会を予定しています。費用は3000円~3500円程度です。

【参加お申し込み】*件名に、「7/15イベント申込」*本文に、「氏名・ふりがな」「学校・会社名」「学年」「懇親会参加の可否」を明記の上、fjstudents@gmail.comまでメールにてお申し込みをお願いします!

 

 

writer 代々木高校2年 礒尾奈加子

Posted in Keep doing!

コメントは受け付けていません。